よくある質問


Q : 催眠にかかりますか?

 

A : 催眠には人間なら誰でもかかります。というより、無意識に入っています。夢中で本を読んでいて、声をかけられたことに気づいてなかったり。
ゲームの世界に入り込んでプレイしている時なども。日常的には、朝起きて動き出すまでのあのまどろんだ感覚などが、催眠状態です。
しかし、意図的にセラピストが誘導する場合は、相手の『入っても大丈夫!』という心構えと、分析しないこと、これが入りやすい入りづらいに関係してきます。絶対に催眠にかからない!という方を誘導することは困難です。また、あまりにも催眠への不安や恐怖がある場合も同様です。
初めはなかなか入れなくても、少しずつイメージの練習をしたりする中で、セラピーに最適な深度の催眠状態に入ることができます。

Q : 治りますか?治して欲しいです

 

A : ヒプノセラピーは心理療法の一種ですが、日本では医療行為として行っておりませんので、治療という意味では行えないのが現状です。
とにかく何とかして欲しい!という気持ちはよくわかりますが、ヒプノセラピーは、ご自身で感情と向き合い、受け止め、慰め、次に向けてどうなれば大丈夫なのか。その過程があります。セラピストはツアーガイドのようなものです。
『何とかして欲しい!』が、【なんとかしたい!なんとかしよう】に変わった時、ヒプノセラピーを受けられると非常に効果的です。

Q : よくなって欲しい人がいるのですが、連れてきていいですか?

 

A : 相手のために、というお気持ちはわかりますが、ヒプノセラピーは本人の意思で受けようという気持ちが大切です。
なかには、まだ変わりたくない、何とかしようという気にはまだなれない、という方もいらっしゃいます。
そのような気持ちでセラピーを受けられても、うまく催眠に入れずセッションにならない場合が多いです。
『こんなセラピーがあるんだよ』
と、教えてあげてください。

Q : 前世はありますか?見えますか?

 

A : 前世はある!と思いたいですよね。
私はあるんじゃないかなと思っている1人ですが…実際に前世療法を体験してみて思ったことは、【不思議。なんで知らない人の名前が出てきたり、感情がリンクしてるんだろう。だからこんなに気になってたんだな】という感想があり、だからといってこれは前世?と言われたらイメージの中の世界かもしれないし、作り上げたものかもしれないし、前世かもしれない。というものです。

実際にアメリカの研究では、前世療法を体験した人に【これは本当に前世の記憶である】と確信した人は全体の7%ほどだったというものがあります。あるかないかの議論は平行線のままというのが現状です。
 

Q : ずっと長い間悩んできたのに、どうして短期間で効果が出るんですか?

 

A :効果の期間には個人差がありますが、こちらをお読みください。

Q : 付き添いしてもいいですか?

 

A : 原則セッションを受けられる方のみとなっております。

送迎については可能です。

事前面談やセッション中は、家族や身近な方にも知られたくない内容があったりします。催眠中は特に、心の深い部分がでてきます。

途中で、聞かれたくないと思う拒否反応から、解決すべき問題へと入っていけない結果となる場合を懸念しております。


Q : スカイプでできますか?

 

A : セラピールームがじゅまるでは、スカイプでのセッションは行っておりません。

セラピストも集中して誘導し、セッションに入ります。クライアントの表情や様子を見ながら進めていきます。

通信状態が悪く途中で切れてしまったりしては、セッションになりません。

対面だからこそ対応できることも多いですし、対面だからこそ安心していただきたいです。

ただ、カウンセリングなどはZOOMでもできるようにと考えております。しばらくお待ち下さい。


Q : 時間が長いと感じますがなぜですか?

A : おっしゃる通り、長いです。
しかし、実際の時間よりもとても短く感じます。事前面談ではあっという間に1時間経過しています。そして、これは不思議なのですが催眠に入ると時間の歪曲が生じます。
楽しい時、集中している時、あっという間に時間が経過していたってことありませんか?あまり長すぎると疲れてしまいますが、ヒプノセラピーのセッションでは2時間が平均となっています。

Q : 未成年でも受けられますか?

A: 基本的には、高校生以上であれば保護者の同意のもとお受けいたします。セッションの性質上、セラピールームがじゅまるでは、中学生の場合はご相談内容にもよりますが検討させていただきます。どちらとも、催眠の説明時に保護者の方にも同席していただくことをお願いしております。
また、本人の意思や、本人の参加する気持ちがなければ例え保護者の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
保護者の付き添いについては、事前面談(催眠説明、被暗示性テスト)までとなります。その後のセッション時には退席していただきます。待合室はございませんので、お近くのお店などで待機ください。あらかじめ保護者の同意を得ていれば付き添いがなくても構いません。お問い合わせの際は、必ずご本人ともにお話しさせていただきます。

Q : 妊娠中でも受けられますか?

A : 安定期に入り、医師からの許可があればリラックス効果のあるリラクゼーションと、心を穏やかにする暗示療法のみ行うことは可能です。
退行催眠は、原則お断りしています。