よくある質問


Q : 催眠にかかりますか?

 

A : 催眠には人間なら誰でもかかります。というより、無意識に入っています。夢中で本を読んでいて、声をかけられたことに気づいてなかったり。
ゲームの世界に入り込んでプレイしている時なども。日常的には、朝起きて動き出すまでの、あの、まどろんだ感覚などが、催眠状態です。
しかし、意図的にセラピストが誘導する場合は、相手の『入っても大丈夫!』という心構えと、分析しないこと、これが入りやすい入りづらいに関係してきます。絶対に催眠にかからない!という方を誘導することは困難です。また、あまりにも催眠への不安や恐怖がある場合も同様です。
初めはなかなか入れなくても、少しずつイメージの練習をしたりする中で、セラピーに最適な深度の催眠状態に入ることができます。

Q : 治りますか?治して欲しいです

 

A : ヒプノセラピーは心理療法の一種ですが、日本では医療行為として行っておりませんので、治療という意味では行えないのが現状です。
とにかく何とかして欲しい!という気持ちはよくわかりますが、ヒプノセラピーは、ご自身で感情と向き合い、受け止め、慰め、次に向けてどうなれば大丈夫なのか。その過程があります。セラピストはツアーガイドのようなものです。
そして、主体的なセラピー、コーチングになります。
『何とかして欲しい!』が、【なんとかしたい!なんとかしよう】に変わった時、ヒプノセラピーを受けられると非常に効果的です。

Q : よくなって欲しい人がいるのですが、連れてきていいですか?

 

A : 相手のために、というお気持ちはわかりますが、セラピーは本人の意思で受けようという気持ちが大切です。
なかには、まだ変わりたくない、何とかしようという気にはまだなれない、という方もいらっしゃいます。
そのような気持ちでセラピーを受けられても、うまく催眠に入れずセッションにならない場合が多いです。
『こんなセラピーがあるんだよ』と、教えてあげてください。

Q : 前世はありますか?見えますか?

 

A : 前世はある!と思いたいですよね。
私はあるんじゃないかなと思っている1人ですが…実際に前世療法を体験してみて思ったことは、
【不思議。なんで知らない人の名前が出てきたり、感情がリンクしてるんだろう。だからこんなに気になってたんだな】
という感想があり、だからといってこれは前世?と言われたらイメージの中の世界かもしれないし、作り上げたものかもしれないし、前世かもしれない。
というものです。
 
実際にアメリカの研究では、前世療法を体験した人に【これは本当に前世の記憶である】と確信した人は全体の7%ほどだったというものがあります。
あるかないかの議論は平行線のままというのが現状です。
 
視覚、聴覚、体感覚などの優位性によって感じ方が異なります。
占い等で前世はこうですと言われたことに対して、前世療法で確認するというケースは、期待外れに終わることが多いです。これは、思い込みからくるものです。
 
あくまでも、問題や悩みに対しての関連性が今世ではなく前世にあるかもしれない場合は前世療法をおこないます。
また、退行時に前世イメージとして自然と出てくる場合もあります。
 

Q : ずっと長い間悩んできたのに、どうして短期間で効果が期待できるんですか?

 

A :これは、無意識の領域が関係しています。
効果の期間には個人差がありますが、こちらをお読みください。

Q : 付き添いしてもいいですか?

 

A : 原則セッションを受けられる方のみとなっております。

送迎については可能です。

事前面談やセッション中は、家族や身近な方にも知られたくない内容があったりします。催眠中は特に、心の深い部分がでてきます。

途中で、聞かれたくないと思う拒否反応から、解決すべき問題へと入っていけない結果となる場合を懸念しております。

未成年の保護者の方は催眠説明時に同席していただき、終わり次第お迎えにあがる形をとらせていただいております。


Q : 子供もヒプノセラピーを受けられますか?

 

A : セラピールームがじゅまるでは、高校生以上の方を対象にヒプノセラピーを提供しております。

子供は暗示に入りやすいのですが、入りやすいがゆえに退行催眠など、まだ顕在意識が経験や知恵など成長段階ですので、ダイレクトに物事を捉えてしまう傾向にあります。

長期間手放せないでいる感情や、思考の捉え方などを変容することを目的としています。

そのような目的でおこなっている為、催眠への理解力と対処する視野や経験などは、高校生以上の方が望ましいというのがあります。

また、保護者の方が心配して付き添う形になりますと、1対1でのセラピーが難しいです。

 

しかし、最近では教育においても潜在意識を活用した様々なメソッドが注目されています。

ヒプノセラピーだけではなく、日常でできる言葉がけやマインドの持ち方などの動画も多く紹介されています。

音楽や映画鑑賞、絵本や日々の声掛けなども催眠暗示が関連していますので、保護者の方が催眠を学ばれると、ご自身もお子様も良い状態でいることが期待できます!

 

お子様に対して、両親や周りの大人たちがなるべくポジティブな言葉などを使い、健康的な生活習慣や愛されていることを普段から持っていることが大切になってきます。


Q : 未成年でも受けられますか?

 

A: 基本的には、高校生以上であれば保護者の同意のもとお受けいたします。セッションの性質上、セラピールームがじゅまるでは、催眠の説明時に保護者の方にもなるべく同席していただくことをお願いしております。
催眠暗示は幼い子供はよくかかりやすいですが、セラピーとして行う場合は、という意味です。
また、本人の意思や、本人の参加する気持ちがなければ例え保護者の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
保護者の付き添いについては、事前面談の催眠説明までとなります。その後のセッション時には退席していただきます。待合室はございませんので、お近くのお店などで待機ください。あらかじめ保護者の同意を得ていれば付き添いがなくても構いません。お問い合わせの際は、必ずご本人ともにお話しさせていただきます。

Q : 妊娠中でも受けられますか?

A : 安定期に入り、医師からの許可があればリラックス効果のあるリラクゼーションと、心を穏やかにする暗示療法のみ行うことは可能です。
退行催眠は、原則お断りしています。

Q : 嫌な記憶を消せますか?書き換えられますか?

A : 記憶を消す、書き換えるということは出来ません。
よく、潜在意識を書き換えるなどと言われていますが、過去の出来事は何ら変わりません。
【捉え方は変えていける】という意味です。
捉え方が変わるから、過去の出来事においてずっと引きずらなくなったり、今までのブレーキや恐怖、不安など軽減されるということは期待できます。

今必要な関連性ある思い出や記憶のワンシーンが浮かんできますが、記憶障害や記憶喪失部分のある方は民間療法であるヒプノセラピーはお受けできません。


Q : どんな状態の人に向いてますか?

A : いつもネガティブな感情があり落ち込みやすい/人目を気にしてしまう/恐怖症/葛藤/なかなか前に進めない/罪悪感が強い/不安が強い/

禁煙/ダイエット/目標達成/習慣づけ/特定のパターンになると怖くなる/自分を知りたい/そろそろ変化が必要だと感じている/先延ばしをやめたい/

怒り・悲しみ・トラウマから解放されたい/あの時の出来事から抜け出せない想いがある/苦手克服/無意識からのヒントが欲しい/本当はどう生きたいのか?

許したい/自己肯定したい/癖の改善

 

お問い合わせや過去のセッションでのケースです。


Q : セラピーの時間の相場はどんなものなのでしょうか?

A : 地方によってや実績または経験により様々ですが

ヒプノセラピーの場合:所要時間は3時間 12,000円~30,000円が多いようです。

2回に分けておこなっている所もあります。初回はカウンセリング、後日セッションという場合も。

 

通常のカウンセリングやセラピーでも1時間あたり8,000円~12,000円が相場のようですね。

 

セラピールームがじゅまるでは現在、

ヒプノセラピーを利用したセッション

180分22,000円


タイムラインセラピーやNLPを利用したセッション

120分22,000円です


以前は3時間13,200円~16,500円ほどで提供しておりましたが、ヒプノセラピーの進化版とも言われているセラピーやコーチング資格習得

問題解決への達成率、一人一人に向き合うためのセッション日以外の時間、アフターケアなどからこのような形をとらせて頂いています。

 

30分 3,300円の体験セラピーやカードセラピー/心理セラピーのみもご利用できます。

 

「こんなにやってもらって、こんな安くていいんですか?」と言ってくださった方や

「ちょっと高いけど、本気で変わりたくって奮発しました」そう言ってくださった方も、受け取り方は様々です。

 

無理のない程度に、ご自身にしっくりくるところで決められるのが一番良いと思います。

安すぎる、高すぎるも様々ですが、あまりにも相場よりも差がある場合、セラピストのプロフィールやブログ等での考え方を知っておくと良いでしょう。

ちなみに、最初の半年間は私は5,000円でモニターセッションをしていました。


Q :NLPってなんですか?

A : NLPとはNeuro Linguistic Programmingの略で、日本語では神経言語プログラミングと呼ばれています。

 

セッションを受けられる場合は、NLPについては詳しく知らなくても問題ありません。

赤文字だけ覚えて頂ければ大丈夫です。

 

「ヒプノセラピー(催眠療法)以外にも無意識にアプローチして変化を促すセラピー・コーチングセッションがあるんだ」と捉えていただければ良いです。

実際にお悩みに対してどのようなセッションでやっていくかはこちらから提案しながら進めて参ります。

 

思い込みによるネガティブな信念を変化させたり、嫌いから好き/好きから嫌いを利用して健康的に体重を維持したり、

本当に気づいてはいなかった価値観にも気づけたりと、五感や無意識にアプローチしながらセッションをするので興味深いと思いませんか?

 

望む状態を手に入れるために、変化をしながら新しい人生への思考や行動パターンを最適化させていく。再プログラミング!!

 

詳細な説明を知りたい方は読み進めてください。

 

神経とは五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)のことを意味し、人は五感を通して出来事や体験を認識しています。

言語とは言葉を意味し、五感で収集した情報を言語の使い方によって意味付けなどをおこないます。

プログラミングとは形成の意味を持ち、五感によって収集した情報が、思考・感情・行動パターンとなって形成されます。

 

私たちは過去から現在に至るまで、様々な体験を通して神経、言語、非言語によってプログラミングされていき、プログラムされた思考や行動パターンは、

条件反射のように無意識に同じようなパターンを繰り返します。

これらの構造を紐解き、プログラミングし直すことがNLPの手法で可能になりました。

「催眠という言葉を使わない催眠」とも言われています。

 

セラピストやコーチ業をしている方はNLPのスキルを持っていることで、クライアントの問題解決に大きく役立ち、無意識へ上手くアプローチすることで

時間をかけずに気づきや行動をもたらすことができるようになる、コミュニケーションのスキル・能力開発・心理療法のスキルとも言えます。

 

 

歴史としては、セラピーの世界ではとても有名だった3人の天才セラピスト。それぞれ違うジャンルではあるが

「どのようにしてクライアントへ効果的な結果をもたらしたのか?」それらを研究・分析した二人の大学生によって

誰でも同じような結果が出せるよう共通のパターンを見出し、再現できるように体系化された心理学、それがNLPという訳です。

言葉の使い方、非言語の使い方、無意識の活用方法、これらをうまく活用し実践することでNLPは発展していきました。