催眠とは?


催眠とは、簡単に言うと暗示を受け入れやすい変性意識状態のことです。

自分の意識を保った状態で潜在意識にアクセスできる、被暗示性の高まった心身の状態になります。

被暗示性が高まった状態になると、言葉や考え方を受け入れやすく、イメージが浮かびやすくなります。

その能力が高いと、被暗示性が高い、催眠に入りやすいと認識できます。

催眠状態(別名トランス状態)は、特別な状態ではなく、日常で誰もが経験しているとても自然な状態です。


催眠は誰でも入っている


催眠術と催眠療法

 

テレビでよく見る『催眠術』では、催眠術師がタレントを操っているように見えてしまいますよね?

催眠と聞けば、怪しいとか怖い、胡散臭いと思う方も多いでしょう。あるいは、ものすごい期待してしまう面白いものだとか。
確かに、「胡散臭い」と感じてしまうのも無理ないですよね。
しかし、催眠状態というのは、実は、人間なら誰でも、1日に何度も出たり入ったりしているのです。
とっても自然な状態なんです。
 
例えば…
・朝起きてすぐの時、眠りに入る前のウトウト状態
・映画やテレビを見ている時
・本を読んでいる時
・通学、通勤途中
・音楽を聴いている時 など
 
リラックスしていて、集中力が高まっている時、自然と催眠状態に入っていたりします。
 
一番典型的なのはテレビですね。
だからこそ、エンターテイメントとして演出でやっている催眠術というのを、催眠状態の中で見ていると、「タレントが催眠術師にコントロールされている」と捉えてしまうのは、しかたないことだと思っています。
アレは、【催眠術師の腕、人選、タレントさんの意思、盛り上げるための演出】がそろって出来上がった催眠ショーです。
 
タレントの意思?かかっていないの?
 
催眠は人間なら誰でもかかるようにできていますが、他人から催眠をかけられる場合は、かかる人もいますし、かかりにくい人もいます。
『かける、かけられる』という表現より、『自ら催眠にかかりに行く』と表現した方が正しいかもしれません。
 
催眠術とヒプノセラピー(催眠療法)は原理は同じでも用途が違います。
まず、催眠を理解するうえで、【無意識=潜在意識】と【意識=顕在意識】について理解しなければなりません。
腑に落ちる瞬間が、あなたの中で見つかるでしょう!

ヒプノセラピーのことをもっと知りたい!!

そんな方にはこちらのサイトをご紹介します。

ヒプノセラピーのすべてが分かるサイト「ザ・ヒプノセラピー」

 

※私の先生、クリアライトの今本さんが運営しているサイトです。