· 

変わりたくないだけ

最近、「引き寄せの法則」などのコンテンツが再び注目されています。

ヒプノセラピーの暗示に似ている部分もありますが、依存的なまま行動しないでいられる部分があるように思います。

ヒプノセラピーの暗示は、現実に経験したことからイメージしやすい事柄を、短期間の目標で設定し、そこに向かっていけるように自分で暗示をかけていきます。自分でできそうだという「希望」がきちんと図れます。

一方、引き寄せの法則は、確かに波動はあると私も信じてはいますが、気休めにはちょうどいいかなと思っています。

心を落ち着かせたり、希望を持ってもいいと感じられる良い部分もあるでしょう。

現実に悩みや目標があって、それを現実に向かわせようと思った時、やっぱり大切なのは「一歩踏み出す」ことと「認める」事です。

 

なかなかリスクを負えないという人は、「自信をつければ大丈夫」と考えていたりしますが、その先はどうでしょうか。

自信をつけた後、どうしたいのかが重要なのですが、その先またつまずくことが多いです。

また、自分で判断をすることで負うリスクを人にゆだねてしまうか、放棄してしまうか。

そしてそんな自分にまた落ち込むという繰り返しです。

悪いのではなく、勇気を出すとか、そんな自分を認めたくないから、苦しいと思います。

 

理不尽な過去の出来事は変わりません。

理由がわかったところで、解決にはなりません。

このまま苦しいけど挑戦しないで生きるのか、多くは望まずありのままで生きるのか、自分で選択できることです。

悔しさをバネにできる人と出来ない人がいますが、道は一つじゃないってことが言いたいのです。

一直線に登る人もいるし、ゆっくり休憩しながら登る人もいる。

自分を知ることを始めると、方法がわかりやすくなると思いませんか?

本からすべてを学んだり、人からのアドバイスなど、自分にしっくりこないいことまで学ばなくていいんです。

なんだかわからなくなっちゃいますからね!

しっくりくることだけ吸収したらいいんです。

で、やっとしっくりきたんならやってみる!!

それでも動けないと言われたら、こちらとしてもどうにもできないのです。

 

苦しくて、どうしようもない時、なにもかも嫌になったあと、自分の本音がよくわかります。

そこから変わっていこうとする時、こだわりに気付いたり、変えなくていいことや逆に手放した方がいいこと、新しいことを身につけることに注目できたりします。

このお仕事をしていると、つい悩んでいる人のサポートを全力でやってしまいそうになるのですが、

「あなたがどうなりたいのか」がわからないと、わたしやセラピストはちょっと、いや、だいぶ困り顔になります。

一生懸命考えている姿は、がんばれー!!って素直に思います。が、考えるより感じて欲しい。

その感情と向き合って、ぐしゃぐしゃになって泣いたり、スッキリして笑えたり、一歩踏み出そうとしている姿は、

それこそ本当によくなっていく兆候なんだと感じています。

 

ちょっと厳しめの内容だったかもしれませんが、

全ては自分の中で起きているんです。

 

変わりたくないなりに、自分を守ることって必要だったりします。

だから、ダメなんじゃない。

今、変わりたいと思ったのか、変わりたくないと感じているのか、

そこなんです。

ヒプノセラピーにも、ヒーリング系やコーチング系があります。両方やっているところもあります。

セラピールームがじゅまるでは、ヒーリング後にコーチングするというスタンスです。

あまり先のことではなく、今ちょっとしんどいならヒーリングをお試しください♬

 

ブログホームへ戻る

ホームへ戻る