· 

ヒプノセラピーの良いところ

 

①比較的短期間で引き出せる

 

カウンセリングのみだと、ほぼ顕在意識なので「大体この出来事だろう」と推測できても、そこから過去のことを引き出していくのには時間がかかります。

幼い頃にどんな言葉や出来事がきっかけになったかまでは、顕在意識の状態ではわかりづらいんですね。

年齢退行で戻ってみると、実際にはとっても些細なことだったというのはよくあるのです。

退行催眠で、決めたフレーズを元に退行を試みますが、絶対にそこにいくとは限らないところがあります。

前世だったり、あるいは楽しい場面で戻ったはずが、寂しさを感じたところだったり。

つまり、ヒプノセラピーで潜在意識にあるものを引き出すと、

今見るべき必要な場面が浮かぶというのがしっくりきます。

疑問を抱いていた感情がようやくわかったと腑に落ちる感覚です。

そこから意味づけしたことが影響していると知るのです。

 

②タイムトリップ!?

 

セラピストはクライアントを催眠誘導しますが、受ける側に主導権があります。

チャネリングというのを聞いたことがありますか?

チャネリングはチャネラーが相手の潜在意識にアクセスしますが、ヒプノセラピーではクライアント自ら潜在意識にアクセスし、

変容していきます。

そんなセラピーってなかなかありませんよね。

チャネリングしてもらって、「あなたの前世はこうでした」と言われ、自分でも知りたいとなれば両方やってみるのも面白いですよね!

いくつもあると言われている前世なので、一致するかは保証しません。

しかし、自分なりに後で年代や土地、出来事を調べてみると不思議な発見があるというのはお楽しみに!と言っておきます。

 

③潜在意識にあるプログラミングの書き換えができる

 

催眠のテクニック、ワークによって、言えなかった事、して欲しかった事を相手に伝えたり、相手の気持ちを知れたりすることで、

ネガティブなプログラミングを変えていく事ができます。

過去は変えられなくても、事情を知ることで納得できれば、思い込みだったと気づいたりします。

 

④意識と無意識のしくみがわかると、達目標達成頻度が上がる!

 

コーチングセッションや暗示は、最大限、潜在意識の特徴を利用します。

言葉の使い方、自己コントロールの練習で、自然と目標達成やこころの安定を期待できます。

 

 

ブログホームへ戻る

ホームへ戻る