私のヒプノセラピー体験談

私もセルフヒプノセラピーをちょくちょく実行しているのですが、昨日の体験談をお話します。

テーマは【今どう動いていけば良いか整理がつかない】について。


浮かんできたのは、幼稚園くらいの時。

昔住んでいた家の座敷の部屋で、

おもちゃで遊んでいる自分がいました。

母親かおばあちゃんが近くにいるような。

どっちかはあまり気にせず、しばらくその場面を体感していました。

遊んでいたおもちゃは、はめこみ?形合わせっていうものでした。


なかなかうまく入れられなくて、泣きべそかいてました。四角い穴の所に違う形のものを入れようとしていて、縦にしてみたり横にしてみたり。縦にしてみたら入るものもありました。でも、どうしても入らないものは入らない。

隣で母親からおばあちゃんが『どこに入れたいの?同じ形のはあるかな?探してみたら?』と言っています。それを素直に聞かないで、入らないことに苛立っている自分がいました。

なんだか、当たり前のことなのに【形にハマる・型にはまる】ってことに抵抗しているように感じました。上手く入ると、入った感覚が分からぬままその一回が終わってしまった。その感覚を味わいたかったのかな?


この場面から幼い頃の自分が感じていることは、大人になった今もリンクしている部分があります。


子供の頃のその気持ちを認めてあげてから、

今回のテーマ『今後どう動いていくか』をこの体験から学びに変えていきます。


あの頃は納得いかない気持ちがあったけど、これから自分がやっていきたいことに関しては、知っている人から教えてもらったことを素直に聞き入れてみる。そうすることで、成功体験も増えていくし、今よりもっと自信をもってやっていける。ということを暗示としてセルフヒプノセラピーを終えました。


こんな感じで、実際にヒプノセラピーのセッションでは私が誘導をサポートしながらやっていき、テーマと関連づいたところを潜在意識に引き出してもらい、そこからあなた自身でその体験から何かを学び、次に活かしてもらうようにワークしていきます。


私の前世療法や年齢退行の体験談などもちょくちょく載せていこうと思います。


ヒプノセラピーのセッションを受けてみたい方はお気軽にお申込みください。お申込みはこちら


ブログホームへ戻る

ホームへ戻る