· 

自分を大切に扱う

私たちは幼い頃から、「友達とは仲良くしましょう」家族間でも「ケンカしないで仲良くして」などと言われてきました。

食べ物の好き嫌いでも、「好き嫌いしないで残さず食べましょう」そんなことも言われたかもしれません。

本当にそうするべきでしょうか?

 

親切にしても、仲良くできない人はいます。

意見が違ったり、信念や情熱、悔しい思い、感情があればケンカも意味のあることです。

好き嫌いを制限しなくても、栄養のある食べ物はあります。

良かれと思って言われてきたことは、実は私たちの心や考え方を制限してきたのかもしれません。考える力や選択する自由を発揮できないまま、大人になっていく人が多いです。

 

大人になれば、人間関係も変わってくるのは当然のことです。

小学生の頃の友達、中学生の頃の友達、高校、社会人、サークルや趣味の仲間、結婚してからの付き合いなど、変わっていくものです。

そして、大切なのは誰かとの別れや、離れていく仲間、そして自分自身にも【その時の波動】というのが存在しています。

レベルも変わってきます。

自分自身のレベルが上がれば、今までいた人たちとの波動レベルに差が出てきてズレが生じます。逆もあります。

そして、人が寄ってくるのも去るのも、その人たちの自由です。

あなたにも自由があります。

 

自分の過去が、後悔するものだとしても、それを否定してしまえば今のあなた自身を否定することにもなります。

その時感じたから取った行動、出てきた言葉、起こった出来事などのすべては、その時のあなたが生きた証です。

 

あなた自身を大切に扱えるようになると、

自分を大切にしてくれる人も、環境もわかってきます。

 

今日から、起こるかどうかわからないことに心配するのはやめていきましょう!

 

ブログホームへ戻る

ホームへ戻る