我がままに生きていいのに


【ワガママ】って書くと、人に迷惑をかけるイメージありませんか?

『ワガママ言わないの!』そう言われると押さえ込まれるような気持ちにもなりませんか?


じゃあ、【我がまま】って書くと、自分のあるがまま生きて良いって気持ちになったりしませんか?


聞こえ方的には【ワガママ】の方が多く浸透してしまっていますよね。


好きなことばっかり自由にやっていると成長しないとか、後で苦労するとか、協調性がないとか、マイナスイメージが多すぎますけどそれを言う人達ほど自由を塞いじゃっています。そうやって教わりながら、律してこられたからワガママはよくないと人にも言っちゃうんです。ほとんどがそうです。

私もよく言われ続けてきて、人にもそう思っていました。


みんなそうしているから

親の期待に応えたい

愛されたい

認められたい


そうやって苦しんできたのにまだ応えようとしたり、同じ道をついて行ったりしたら、

苦しさから抜け出せなくなっちゃいます。


縛られて苦しいのにその人たちから認めてもらいたい。それは難しいに近いかもしれません。

だって、あなたの選択肢や思考を違うよって塞がれちゃうんですから。

不満を共感しながら支え合うのは、その場だけです。時にはその共感が心強かったりします。だから厄介です。

その人達もルールに縛られてきたから、それが当たり前と思ってしまっているだけ。


あなたの考えや感情をもっと大切にしてみてほしい。

社会ではそんなこと通用しないって言う人もいるでしょう。

だけど、その世界、その道を選んだのは自分なんだよ?って言いたい。

他の選択肢、我がままに生きることを諦めた人は、自分を苦しめているようで何も響かない。あれはダメ、これはダメと言うより、これをやってみなよ!と言う方が思いやりがあると思う。

例え失敗しても、そこから学ぶのは本人。


白い目で見られるって、怖いよね。

怖いけど、自分たちは我慢してるのにあいつ羨ましいって思われてるのもあるからね。


もし今窮屈だ!と感じていてそこから抜け出したいなら、自分で自分を縛っているものは何か?まず感じてみてください。

誰かの意見や世間の目、そして自分の生きづらさをを照らし合わせてみると、気づけることが出てきます!

世の中のルールに順応する方が自分には快適、美学と思っている方もいるので、その人の価値観は否定しないであげてください。自分に集中。影響されなくていいんだよってことです。


人の操り人形にならず、兵隊さんにならず、自分がハンドルを握っていけば、人の自由も許せてきます。だからまずは、自分のことを許して、自分をいい気分で満たすことから始めてみましょう!


ブログホームへ戻る

ホームへ戻る