· 

ヒプノセラピー体験談18

タイトル: 行動
40代女性

とても耐え難い理由で主人が家を出て行き、仕事へ行くことや生きる気力を失い、ただただ自問自答を繰り返して、主人への感謝と謝罪と叶わない復縁への絶望に押し潰されていました。同時に職場の上司や同僚や子供達の、今までにはあり得ないほどの労りある行動力を目の当たりにして、自分は愛されているのだと感じることができ、このままではダメだ!変わりたい!子供達をもっと大切にしたい!そう思ったときに、催眠療法を思い出しネットで検索してたどり着きました。 私の仕事の都合上予約の調整が必要でしたが、対応をしていただけてメインセッションまで受ける事ができました。ヒプノセラピーは当り外れがあるだろうな~と思っていましたが、この時の雰囲気で大丈夫そうだと思うことができ、当日先生とお会いして大丈夫だと確信しました。変わりたい、こうありたい、行動力をつけたいと強く思う陰に未練や本当にこれで良いのだろうか?また私の考えや行動は間違っているのではないか?という不安がありましたが、先生に大丈夫変われますよ!旦那さんが出て行ってくれてむしろ良かったと思いますよ!と優しく明るく言ってもらえて、セッションでは柔らかな水の中で浮かんでいる様な心地良さでリラックスすることが出来ました。帰る頃には心にポッカリ開いた穴が埋まった充実感があり、その日から食事が苦痛じゃなくなりました。2回目にメインセッションを受けさせていただきました。 幼少時の母親とのスレ違い、母の思い子の思い、今まで眼を背けてきた自分の思いを体感することで、同じ母親となっている今の自分がどうあるべきか素直に見つめ直す事が出来るようになりました。いつもイーグルアイ的に空の上から景色を観たり、家の中に居ても色んな所に出掛ける風景を見ていたのですが、そのきっかけが幼少期の母とのやり取りだったと知りました。悲しみから逃れる為に少しだけ離脱したかったのかもしれませんが、セッションで自分に幼少期の小さな自分を胸に包み、守っていくイメージをした事によって大きな安心感と満足感を得ることができ、「自分から逃げ出したい」ではなく「大切にしたい」と思いました。私には「愛」が足りていませんでした。与えられる愛と与える愛だけでなく、自分を愛する愛がどれだけ大切なものなのか気付けていなかったと痛感する体験でした。 その事でどれだけ周りの人にも悲しい思いをさせたのだろう。 これからはたくさん自分を愛して、溢れ出た愛を家族や周りの人にお返ししていきます。前向きに自分らしく、経済的だけでなくこの姿勢も自立なのだと思えて、これからの日々を思い浮かべながら暗示文を読むと楽しみでニヤニヤしてしまいます。 まず一歩、行動に移してヒプノセラピーを受けて本当に良かったです! ありがとうございました!

とても辛い状況の中で、周りの人たちからの優しさを受け止められた事。そして、そこから更に
【自分が変わらなきゃいけない】と行動に移したことは、既に変化してきているものでしたよね。
だからこそ、自信を持って『あなたは大丈夫です!』とハッキリ伝えさせていただきました。

自立というのは経済的なものだけではありません。

誰かのためにエネルギーを使えるようにするには、自分自身のエネルギーをまず貯めることからです。
【心地よい】をたくさん味わってくださいね!

被暗示性がとても高い方なので、うまく使って素敵な暗示をどんどん落とし込んでいきましょう。

セラピールームがじゅまるを選んでいただき、ありがとうございました😊



ブログホームへ戻る
ホームへ戻る