· 

ヒプノセラピー体験談19

タイトル  : 本当の自分にたどり着けた旅

30代女性 Y様

 

私はある病気をきっかけに、体調不良の原因は過去の出来事に対し自分自身を追い込むことで作っていたものだと感じ、前向きになりたい、もっと心を強くありたいと思い、自分が変われるものがないかと探していたら、ヒプノセラピーが目にとまりました。

丸山さんに初めてお会いして、初回のカウンセリングでリラクゼーションを体験しました。

体がリラックス状態になり、草原の中に祖父があらわれて自然と涙が流れ、更に丸山さんの言葉で雲を想像し、黄金の光を想像したら、とても眩しい光があらわれ、あまりにもその光が美しくて涙があふれました。

初めての体験で、とても心地が良くて、リラクゼーションを受けたあとに、首の後ろの重さが取れてすっきりしていました。

 

2回目のメインセッションで、自分自身を追い込んだ瞬間の悲しみや、喉に突き刺さるような苦しみを思い出し、その瞬間には戻ったのですが、何も見ることが出来ず。そのあと、丸山さんの言葉で未来と過去の線を想像し、未来を見ると眩しい光が差していて、過去を見るとブラックホールのような黒い煙に覆われていて、過去を見ることは出来ませんでした。

次の丸山さんの言葉で、黄金の光を想像したら、後光がさす観音様があらわれ、寝ている私の背中を黄金の光で包み、その光がとてもあたたかくて涙があふれました。

ヒプノセラピーで体調不良の原因は解明できませんでしたが、丸山さんが「もしかしたら、スピリチュアルの方も受けてみては?」と他を勧めていただき、私もすぐに自分で調べて他の方に見ていただいたら、体調不良の原因は、亡くなった祖父が私の体の中に留まり、安心して成仏できるタイミングになり、そのことを知らせるために起こった出来事と言うことが分かりました。

 

今は祖父に日々感謝を伝え、ゆっくりと祖父が天に還っていくときが来たら、いままでありがとうとお見送りをしたいと思っています。

 

丸山さんにお会いできたこと、とても感謝しております。

あの時は、過去が真っ暗で見えなかった線が、今は地平線の彼方まで続く線が見えるようになり、自分がこれからやらなければならないことに気付くことができました。

また何かのご縁があるときは、よろしくお願いいたします。


とても感受性が強く、イメージもしっかりと浮き出てくるタイプのYさんでしたが、

過去のことになると暗くて全く見えないということが起こりました。

被暗示性テストでも問題なく、リラクゼーションのみでも涙が出るなどしていましたが、

やはりこれは何か見えないものが関係しているだろうと直感的に思い、先に浄化などしてもらったほうが良いと判断しました。

 

紹介やほかの場所を進めるということは、時に大切であると考えています。

こちらに縁あって来られた方は、きっかけにしても何らかのプロセスになります。

 

ヒプノセラピーで最後までできなかったことは事実ですが、ご本人が最終的によくなっていけるきっかけを作ってあげられて

よかったと思っています。

ヒプノセラピーでは稀にこのように過去をブロックしてしまうことは十分考えられます。

その場合はNLPやコーチングにて対応したり、ケースによっては病院やほかの分野をお勧めすることもあります。

このような体験も、これから受けられる方にとっても大切な情報源になると思っております。

 

Yさん、素敵な体験談をありがとうございました!

そして、ご夫婦でセラピーに申し込んでいただいたことも嬉しかったです。

ぜひ今度はコーチングをお試しくださいね!

 

ブログホームへ戻る

ホームへ戻る