· 

失敗するのが怖い人へ

大人になってからカエルやセミが怖くて触れなくなった

ヒプノセラピスト&ヒプノコーチの丸山です。

(私のプロフィールはこちら)

 

みなさん怖いものって何ですか?

ホラー映画?高いところ?虫?詰め寄ってくる女性とか?ニヤリ

 

 

今回はそういう系の怖いではなく、

『結果』や『失敗すること』が怖いと思ってしまう人へ向けて書いていきますグラサン

 

不安や心配なことって普通に湧いてきますが
起こらないようにと思うと、
ますます行動できなくなっちゃう気持ち、よぉ~くわかりますよビックリマーク

人間の本能の一部なので、自分を守るためには必要な機能ではあります。

でもね、挑戦できずにいる人は是非これをお試しください♪

まだ起こってない出来事!
恥をかいたり、ショックを受けていたり、戸惑っていたりというリアルなイメージ力キラキラ
その素晴らしいイメージ力、うまく使って頂きたい!!

回避しながらそこにたどり着くやり方でもいいので、対処法を考えておくのはどうでしょうか?

なった時にしかわからないこともあるし、
その時にしか湧いてこない感情もあります。

例えば災害などが起こった時用にあった方がいいものが準備してあると安心しませんか?

懐中電灯や非常食、充電器、毛布etc


ある程度シュミレーションもできるし少しは安心できる気がしますよね。


それでも動けない人、動かないと決めてる人

一発OK狙っていませんか?
一つやったからといって、すぐに結果は出るものでもないのですよ。

足足コツコツ、コツコツ足足

うまくいかなかったという体験もしておかないと
【あなたが怖がっている失敗】は
その素晴らしいイメージ力によって

自分で不安や恐怖を大きく膨らませてしまっていることになります!

そしてね、
結果がよくなかったとしても
新たな発見があったり、次の手を考えたり、自分の気持ちに気づける大切な経験になります。うまくいかないという経験がないことは、それはそれで怖いことです。

もちろん、イメージの力ってNLPやヒプノセラピーで言うと肯定的なものをオススメしています!

オーストラリアの心理学者、アラン・リチャードソンが行った実験下矢印
 

バスケットボールのフリースローの練習で3つのグループに分けて

グループAには20日間毎日練習させた。
グループBには1日目と20日目だけ練習させた。
グループCには1日目と20日目だけ練習させて、その間の期間はイメージの中だけで練習をさせた。

結果
フリースローの上達率は
グループAはフリースローの成功率24%UP!!
グループBは全く上達していなかった。
グループCはフリースローの成功率23%UP!!
 

 

イメージの力ってリアルであるほど

筋肉や神経にも反応するので、できれば望む状態をイメージしていければベストです!!

逆に回避して対処したい場合は、
こうなったらこうしておこうでも良いので、
まずはポジティブなイメージで試してみて
自分が回避型なら対処法のシュミレーションでのイメトレがいいかもしれませんね!

ネガティブタイプが強い方はこちらをご覧ください下矢印


無理に笑うと病むんですって




初めから大きいハードルに挑戦するよりは

出来た!!っていう体験をたくさん作る訓練をしながら

少しずつ習慣づけていきましょうウシシ

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

では、また目

 

 

 

 

セラピストのプロフィール(知ってもらえると嬉しいです!)


気持ちを整理したい人
サポートが必要な人

NLPとヒプノセラピーで
あなたを癒し心を軽くします

ヒプノセラピーに興味のある方は是非✨
催眠とは?
テクニック
体験者の声
メニュー料金



ブログホームへ戻る

ホームへ戻る